散歩嫌い克服作戦 基本に帰ってみる

散歩嫌い克服作戦 基本に帰ってみる

先日も触れましたが、最近、散歩嫌いが顕著化してきたバートン。

予防接種が終わり、散歩に出た最初から散歩は好きではありませんでした。

3月のブログでは、玄関から外に出るのも拒んでいましたが、何とか

外に出るようになりました。

 

ところが・・・・・

最近、散歩と分かると玄関にすら出てきません。

リビングで踏ん張ります。

車でお出かけの時は、私の持ち物(バッグなど)でわかるのか、自ら玄関に

先回りしてせかすくらいです。

 

車が嫌いだという、おおまかな予想はありますが、ここは基本に戻って考える

こととしました。

 

まずは、嫌がることをなるべく避けるため、私が抱えて外へ出てみました。

これは、子犬の時もやっていましたが、外に慣れるための基本ですね。

抱えていると、騒ぐわけでもなく、良い子にしています。

ただ、これもドッグランで良く見る光景ですが、怖くなったら飼い主に抱きつき

抱えてもらえるという間違えた感覚を身につけてしまうので、加減が難しいですね。

 

とりあえず、抱えた状態から下におろすと普通に歩きました。

もちろん、尻尾は下に向いたままです。

いまだかつて、普通に外で歩いていて、尻尾が上に向いたことはありません。

(他のわんこと出会うと、ご機嫌になり尻尾が上がってふりふりしますが・・・)

 

そして、少し歩いていると、前方に何かを発見して立ち止まるバートン。

手押し車のおばあさんがいました。

そして、ゆっくり進むおばあさんに近づくと・・・・・もう大変。

ガンガン引っ張って、おばあさんを振り返りながら進みます。

 

どうやら、手押し車のおばあさんもダメらしいです。(汗)

おばあさんも、あまりの逃げっぷりに驚いていましたよ。

そりゃぁ、自分を見ながらあわてて逃げていくわけですから、ご本人には

伝わりますよね。

 

車輪が苦手??

ん~~~~~わけわかんねぇな~。

克服まで先は長そうです・・・・・・・

タグ


»
«