マイクロチップデータの登録 AIPO

マイクロチップデータの登録 AIPO

マイクロチップのデータ管理は、AIPOという組織が行っております。

(AIPOとは・・・こちら。)

昨日、データの登録について触れましたが、地域によって手順が違うようなので

直接電話をして聞いてみました。

地域的にはB方式のようで、直接納付方式のようですが、まずは獣医師から

書類をもらって下さいと。

獣医師の診断書が必要だとか。

 

今日、動物病院はお休みなので、連絡が取れなかったのでまた仕切り直しです。

何だよ。

二度手間だな。

この登録って、意外と知られていないというか、海外にペットを連れていくという

目的がないとあまりする人はいないって獣医さんは言っていたが、本当に

そうなのでしょうか?

実際にその病院(結構、地域的には有名な病院)では、注入はするけど

登録をお願いされたことがないと言います。

なので、手続きの具体的なプロセスがわからないみたいです。

 

マイクロチップを注入する人って、「迷子になっても見つかるっ!」って思いで

実施する人が多いと思いますが、登録していないと当たり前の話ですが、

見つかるわけないです。

ナンバーが記載されたシールはもらいましたが、このナンバーが公の機関で

確認できなくては意味がないですよね。

 

おぉ~~なんてこった。

マイクロチップの注入が多い地域の病院であれば、問題ないのでしょうが

それ以外の地域では要注意なんですね。

 

明日から、またまた韓国へ出張。

この件は、帰国後に詰めなくちゃいけませんな。

 

歯の治療が最終段階に来ていたのに、何故かここ2日痛みが出てきちゃった。

飛行機に乗ると気圧の関係で、余計痛むとか・・・・・

あぁ~~~だから早めに歯医者に行ったのに、タイミング悪すぎ。

病院なんてかからなくて済めばそれに越したことないですね。

 

2009-09-28_0819

明日からバートンの相手をしてあげられないので、夕方時間を作って水元公園の

ドッグランへ連れて行ってあげました。

平日の昼間なのでさすがに空いていますね~。

とは言え7~8頭くらいはいて、大きな犬たちと戯れて、ストレス発散できた

ことでしょう。

吠えることができないので、番犬にはなりませんが、留守は頼んだぞって

言い聞かせたら、心なしか自信に満ちた目が男らしかったバートンでした。(笑)

タグ


»
«