病院などの記事一覧

バートン 3歳の誕生日

バートンが3歳の誕生日を迎えました。

ここ最近、誤飲騒動に始まり、感染症で脇腹におできができたり、ちょっと

ついていないバートンではありますが、何とか普通の生活を過ごすことが

できおります。

この「普通に生活できる」ということは、当たり前のことではありますが、

本当にありがたいことであると実感している近頃。

奥さんにだっこされてご満悦の、成犬。

3歳。

うれしくて鼻をぷっくりさせている、3歳。

成犬です。

かなり甘えん坊で、暴れん坊。

誤飲騒動以降、犬用チーズなどのおやつは一切あげないようにしているため、

今年はお誕生日のケーキを用意せず、フードにササミを乗せただけの地味ーーな

お誕生日でぃなー。

去年の記事は、こちら

結局、ささみ入りフードになりました。(笑)

まぁ、良く考えればあのようなケーキが犬の健康に良いはずないですね・・・・

1年遅れのちょい反省。

我が家では、人が食べるものは一切あげておりませんが、犬用のカットチーズ

を1個あげる程度のおやつも原則あげるべきでないとの獣医さんのお話を聞いて

食生活を改善することにしました。

ちなみに、コマンドに対するご褒美の時にのみ、ゆでたササミを少量与える

だけで、一切おやつは断ちました。

我が家は1日にほとんどおやつを与えることはありませんでしたが、それでも

このおやつを辞めることに対して、「何かかわいそう・・・・」という気がしていましたが

それは、単なる飼い主の思い込みだったようです。

おやつを食べないのが当たり前の生活を過ごしていると、それが普通に

過ぎていきます。

煙草を吸っている人が、禁煙しはじめるのはつらいですが、そもそも吸わない人

にとっては、吸わないことがつらいと感じるわけがないのと一緒ですね。

まぁ、幸いバートンにとっての「おやつ」は、煙草ほど中毒性があるわけでは

なかったので良かったですが。(笑)

おやつ=煙草ってことで、与えても「百害あって一利なし」ってことなのでしょう。

そして、食生活の根本であるフードの変更。

犬用 ベッツプランTM スキンケアプラス 成犬用

これが、結構高いんですよねぇ。

療法食ということで、その辺では売っていないし。

これを食べていても、今までなったことがない感染症のおできができちゃうし、

効果があるのかは今のところ分かりませんが、まずはバートンの健康で長生き

生活のために、このフードに切り替えてみました。

また来年も、大きなけがや病気がなく、4歳の誕生日を迎えられるよう祈っております。

頑張ろうなバートン!

タグ

誤飲後の体調不良から感染症へ

またまたエリザベス着用のバートンさん。

おすまししていますが、精神状態はストレスマッハ!

先日、いつものトリミングサロンでシャンプーをしてもらい、その数日後に明らかな異変が・・・・・

脇腹をペロペロしまくり、びっしょびしょ!

シャンプー後は、フケが出たり痒がったりしても、数日すればおさまって

いましたが、今回は明らかに異常な舐め方。

少し様子を見ていましたが、数日後おできのようなものが数個現れました。

そして、病院へ連れて行き患部周辺を剃毛。

意外とたくさんのおできが見つかりました。

いわゆる感染症だそうで。

シャンプー後に起きたことから、すすぎや乾かし具合が直接の原因でしょうが

抵抗力が落ちていたのも関係しているようです。

先日の誤飲騒動から1か月ほど経過しておりましたが、まだ本調子では

なかったようです。

どうしても、かゆくて舐めたり噛んだりしてしまうので、エリザベスは必須のよう。

1週間経過し、患部はだいぶ乾いてきて治ってきておりますが、治りかけは

急に痒くなったりし、舐めたりしてしまうと再度悪化してしまうので、あと

2週間ほどはエリザベスを着用し、抗生剤を投与し続けなくてはいけない

ようです。

いやぁ・・・・・・今年のバートンは踏んだり蹴ったりです。

何だかかわいそうで見てられません。

エリザベスはしていますが、元気一杯なのはせめてもの救いです。

エリザベスをあちこちにぶつけて、暴れまくっています。(汗)

タグ

ファスナーを誤飲3 腹膜炎の可能性は消えて退院

腹膜炎の可能性は消えました。

昨日の昼間、病院内のケージでペットシートをやぶったり、暴れまくって

結構元気になってきたので、症状的にも腹膜炎の懸念はないです

ねってことに。

そして本日、飲み込んだファスナーも無事に出てきました。

レントゲンで見ると、既に肛門近くまで降りてきていることがわかり、正確に

言うと取り出したのですが。

そのため、バートンの意思に反し今日はウンチがどんどん出てきてしまうため、

うちの娘のオムツに尻尾の穴をあけてはかせています。

明日、膵炎の血液検査の結果が出ます。

ただ、獣医さんが言うには、胃炎かもしれない・・・・だそうです。

胃が荒れていたところに、ファスナーを吐かせるために薬を使ったので

胃炎を起こし白血球の数値が上がったのではないかと。

まだ、だるそうにしているバートン。

また、明日病院に行きます。

何ともすっきりしない気分ですが、ひとまず無事にファスナーが出てきて

ほっとしました。

どっかに刺さらなくて良かった・・・・・

タグ

ファスナーを誤飲2 現在入院中 腹膜炎?膵炎?

昨日は一時帰宅したバートン。

鎮痛剤のおかげか、抗生剤が効いてきたのか、おなかを痛がる素振りも

見せず「伏せ」ができるように。

だるそうに寝てばかりでしたが、昨日の朝の状態よりは良くなっていました。

今日も点滴をするため、前足には針が残ったままなので初のエリザベスカラー

着用。

点滴をしていたため、おしっこの量が多いでしょうとのことでしたが、昨晩一度

大量にした後、今朝は一度もしません。

ちなみに、誤飲してから今まで下痢や嘔吐は一度もありません。

でも、「腹膜炎」か「膵炎」の可能性を疑い今のところ調子を崩した原因が

はっきりしていません。

明日になれば、膵炎については血液検査の結果が出てはっきりします。

下痢や嘔吐がないけれど、白血球とC反応性蛋白の数値が大きく基準値を

超えている。

ファスナーの誤飲との因果関係もわからない。

誤飲後すぐに病院で吐かせる処置をしたことが影響している可能性がある

という話も最後に出てきましたが、これも関係があるのならば嘔吐などの

症状が出てくるので関係があるのか何とも言えないとのこと。

普段、しつけのご褒美用のおやつに、ゴン太の角切りチーズを与えて

いるのですが、この食生活が原因で膵炎を引き起こした可能性があるかも

と、最初の受診時に言われました。

こんな小さなチーズを1日に1個程度なのに?ってびっくりしちゃいました。

獣医さんの見解では、毎日チーズを上げるのは良くないことと断言され

ちゃいました。

ただね~今回のこの流れと、毎日のチーズが関係あるのかは、正直今の

ところ疑問ですが・・・・・・

バートンは今日も夕方まで点滴を受けるため入院中です。

レントゲンの結果、ファスナーが腸まで移動しておらずに胃にとどまっていたら

内視鏡による手術の話になると思います。

手術ですから全身麻酔になるし、万が一内視鏡でつまめない状況であったら

開腹手術に切り替える可能性があることを昨日の時点で聞きました。

正直、開腹手術はしたくありません。

でもね・・・・・・バートンにとって最良の方法は何なのか・・・・・・

悩みます。

タグ

ファスナーを誤飲 現在入院中 腹膜炎?膵炎?

昨日の誤飲騒動により、バートンは現在入院中です。

昨日の夜、夕飯を食べてから2時間後の22時ころに就寝のためにバートン

をハウスに入れようと、チーズを片手に「ハウス」のコマンドをしても反応が

鈍い。

歩くのもだるそう。

あまりにも様子がおかしかったので、一晩近くで様子を見てみました。

朝になっても良くなることはなく、お腹のあたりを触ると痛がっているような

嫌がっているような素振りを見せます。

トイレにたどり着けずに、おしっこをもらしてしまうし、水も飲まない。

お座りをしたまま伏せることもなく、一晩中ほとんど寝ていなかったようです。

ただ、下痢や嘔吐の症状はありません。

とはいえ、このまま予約している夕方5時まで病院に連れて行かないで

様子見するのは怖いので、朝7時半の段階で電話し早急に診てもらうことに。

結果、すぐに点滴を打って入院に。

レントゲンには相変わらずファスナーが。

昨日の画像と比べて少しだけ移動しているがあんまり変化なし。

血液検査の結果、白血球とC反応性蛋白の数値が大きく基準値を

超えている。

造影剤を入れレントゲンの映像を見た所見では、いくつかの可能性が

あるとのこと。

腹膜炎。

膵炎など。

まだ詳細ははっきりしませんが、とりあえず夕方まで点滴を打って経過を

観察し今後の方針を考えるとのこと。

何とか無事に元気なバートンに戻ってほしい・・・・・。

タグ