多頭飼いとペットロス

多頭飼いとペットロス

我が家ではバートンに続く犬の多頭飼いに興味があります。

ただ、2頭目を迎えるにあたって一番ネックになっているのは「ペットロス」です。

 

バートンとはいつか別れる日が来ます。

これは、バートンを迎える前から意識をしていたことでもあり、迎えた後も

常に意識して過ごしています。

別れを考えるのは、日ごとにつらさが増すことだと思いますが、避けては

通れません。

別れを意識することにより、より一層、今という時を大切に過ごせると本気で

考えています。

 

少しでもバートンの過ごす時間を大切にしてあげるにはどうしたら良いかと

考えていきつくのが「多頭飼い」でした。

私はサラリーマンではないので、会社務めのお父さんたちと違い、平日の

昼間だろうとバートンとの時間を作ることができますが、それでも限界はあります。

 

私が相手をしてあげられない時、多頭飼いであれば犬同士で遊び、時間を

有意義に使うことができる気がしたので。

 

ただ、犬にとっては1頭から2頭飼いになることにより、飼い主を独占できなく

なるとストレスが多くなると言います。

飼い犬にとっては、2頭になることは、そういった意味では良くないことだと

認識するそうです。

でも、そういったストレスがあろうとも、犬同士の世界を経験させてあげたり

出来た方が良いか・・・・・って考えが堂々巡りになります。

 

年が近い犬同士の方が、よく遊ぶとも聞きますので、2頭目を迎えるのは

早い方が良いのかもしれませんが、そうなってくるとやはり「ペットロス」を

考えてしまいます。

年の近い犬を飼うことにより、ペットロスの衝撃も増大する可能性もあるし・・・

 

ただ、これは私の方が長生きすることが前提の話。

私が先に死を迎えて、奥さんとバートンを残すことになったら、それはそれで

つらい話です。

 

みんなを見送れるだけの、強靭かつ健全な肉体&精神を養いたい。

最近、それをより強く感じています。

先のことはわかりませんが、そんなイメージです。

 

何だかタイトルと大分ズレちまったな・・・・(笑)

 

まぁ、2頭目を迎えることができるのは、その辺の気持ちに整理が付いたり

自分なりの結論ができてからになりそうです。

できれば、バートンが自分の気持ちを伝えてくれれば助かるのになぁ~。(笑)

タグ


»
«