犬に「住民票」発行 東京・板橋区

犬に「住民票」発行 東京・板橋区

1月21日15時11分配信 産経新聞
以下、原文まま

——————————————————————————-

東京都板橋区は愛犬の名前などを記載した犬の「住民票」を発行する。

25日から区保健所の窓口で、登録済みの犬を対象に無料で受け付ける。

 犬の登録率や狂犬病の予防接種率を向上させるのが狙いで、区は

「飼い犬を対象にした住民票は、全国でも珍しいのではないか」としている。

 区内には約5万匹の飼い犬がいるが、登録されているのは約1万7千匹。

住民票は名前や写真、生年月日、種類などを記載。狙い通りにいくかどうか。

———————————————————————————

何とかしなくちゃって思って、実際に動くのってとても大切です。

なかなか良い取り組みですね。

課題もあるかと思いますが、ぜひ頑張ってほしいですね。

 

ちなみに・・・・・私の住む三郷市もいよいよ動き始めました。

「三郷市愛犬クラブ」設立です。

もちろん、私も参加しています。(副会長になりました。)

詳細はこちら

地域ごとにいろいろな取り組みを行うってすばらしいことだと思います。

次回、もっと詳しく触れてみますが、今日はこのへんで。

タグ


»
«