赤ちゃんのタグを付けられた記事一覧

赤ちゃんの歩くペースで犬の散歩

そんなの無理です。(笑)

相変わらず散歩嫌いなバートン。

以前、赤ちゃんが生まれてから、その子が歩くペースに合わせて

散歩するようになったという話を、同じく散歩嫌いな犬の飼い主

さんから聞いていたことも有り、どうなのかなぁーと思って、

最近一緒に連れ出してみていますが無理!

 

家を出るまでは、外に出たくて暴れているのに、うちの門扉を出てすぐに

地べたに這いつくばり、「やっぱり帰るー!」というお決まりのコース。

 

散歩と言えるか微妙ですが、「平均外出時間3分」。

なんとなく、凛々しい顔をしていますが、リードの張り具合と後ろ足の

伸び具合から状況をお察しください。

まぁ、そんな状況でもうちの娘は大喜びでバートンを見ていますが。(笑)

いつか、みんなでゆっくりと散歩をできる日が来るのだろうか・・・・・・

タグ

エリザベスカラーを外してもらい、思い存分クッションと戯れるダックスの風景

エリザベスカラーを外してもらい、思う存分大好きなクッションと戯れまくりの日々。

こちらのブログでも何回か取り上げましたが、赤ちゃんの頃からずーーーーーっと

クッションをふみふみするクセがあるバートン。

最初の頃は、「母親のお乳を欲しがっているんじゃ?」などのコメントをいただき

そうなのかなぁ~って思っていましたが・・・・・・・・・間もなく3歳になります。(汗)

今日も20分くらいずーーーーっと、クッションをふみふみふみふみ・・・・・

とりあえず、iphoneで動画を撮ってみました。

完全に目がいっちゃっています。

何の意味があるのかいまだに全く分かりません・・・・謎です。

タグ

AirBuggy 3 in 1 ~Air Buggy(エアバギー) COCO(ココ) Sun Flower(サンフラワー) チャリティーモデル~

首が座った娘のために新しいベビーカーを探し、Air Buggy(エアバギー)を購入しました。

Air Buggy(エアバギー) COCO(ココ) Sun Flower(サンフラワー) チャリティーモデル

Air Buggyにもいろいろありますが、あえてこのチャリティーモデルにしました。

売り上げの一部は、被災地の女性や妊産婦への義援金となるようです。

震災が起きた年。

震災の翌月に無事に生まれた我が娘。

その意味でも、このバギーを選んだ意味がある気がしました。

髪の毛がうっすーいけど、間違いなく娘です。(爆)

よく男の子と間違われます。(汗)

エリザベス着用中のバートンは、残念ながらお留守番でしたが、お彼岸なので

両親の墓参りに。

このバギー、製品自体は8kg以上ありますが、三輪なため片手でも旋回可能。

そして、4輪のベビーカーのような路面に影響されるような挙動もなく、むちゃくちゃ

安定した走りをしています。

これ、マジですごいです。

実際に押してみないとわからないかもしれませんが、重さを感じず快適です。

赤ちゃんにも余計な振動を与えず、安全性もばっちりでしょう。

そして、なによりもこのAir Buggy(エアバギー) COCO(ココ)は、「AirBuggy 3 in 1」。

「AirBuggy 3 in 1」に対応したベビーカーであれば、お子様が使用時期を過ぎた後も

シート部分をチェンジしてドッグ用のカートや、ショッピングカートとして、フレーム部分を

継続してお使いいただけます。

とくに、ドッグ用のカートとして使うこともできるというのが大変ありがたい。

いつか、ドッグ用カートに変更し、バートンが乗ることもあるかもしれません。

単なるベビーカー選びでしょうが、いろいろな意味で我が家にはこれが今の

ベストチョイスだった気がします。

大震災で起こった事実を次世代にしっかり伝えていかないとね。

タグ

犬は新生児の赤ちゃんに嫉妬する?

娘が生まれて早1ヶ月。

柴又帝釈天にお宮参りに行き、とりあえず出生後の最初のイベントが終了。

そもそも、お宮参りって神社というのが一般的ですよね。

七五三も神社だし。

帝釈天って正式には、「経栄山題経寺(日蓮宗)」と言います。

でも、私が子供のころ七五三は帝釈天に行っていたので、まぁ今回も近場の

帝釈天でお宮参りしてもいいかなぁ・・・・って感じで。

うちは、私の両親が既に他界しているので、「お宮参りは姑が抱いて・・・」

というのもできないし、形式ばらずにいこうかと。

そんなこんなで、日々赤ん坊と格闘していますが、肝心のバートンの様子は・・・・

あんまり、変化なし。(笑)

よく、赤ちゃんが生まれると飼い犬は嫉妬して、マーキング行為や問題行動が

増えることがあるといいますが、我が家ではそんなことはなさそうです。

最初のころは、妻が娘を抱いていても無反応で、私が娘を抱くと私の足に

しがみついたりすることはありました。

自分の存在をアピールしたかったのでしょう。

今でもその傾向はありますが、娘を抱っこする時はその前後にバートンも抱

っこするなど今までと同じように接する時間を作ればそんなに問題行動は

起こさないようです。

結局、嫉妬して問題行動を起こすのは人間側の行動次第なのでしょう。

赤ちゃんに気を取られ、ついつい犬の相手をないがしろにしたり、ちょっと

冷たい態度になってしまったり・・・・・

飼い主にそのつもりはなくとも、そんなケースはたくさんあるのでしょう。

妻がiphoneにて何気なく娘を撮った写真。

その向こうには、バートンの姿が・・・・・・(笑)

かまって欲しいんです。

爆笑しながら、何故か涙が出てきました・・・・・・・

大丈夫。

ちゃんと、バートンお前も見ているぞっ!

バートンにしたら、いきなりの訪問者にとまどいながらも、私たちの言う

ことに何とか今まで通り従ってきてくれていたんですね。

しかし・・・・・・娘ががせんとくんに見えてちょっぴり心配な新米とうちゃんです。(汗)

タグ