犬の飼い主検定のタグを付けられた記事一覧

ジャパンケネルクラブ JKC愛犬飼育管理士 講習会&試験

ジャパンケネルクラブのJKC愛犬飼育管理士の講習会&試験を受けてきました。

以前受けた、犬の飼い主検定に続き、2回目のわんこ関連の試験に挑戦です。

2009-07-27_0288

AM10:30から講習開始で、4時限の講習を受けて最後に試験という流れ。

2009-07-27_0289

こちらのテキストを使用しての講習です。

①犬学について

②犬の飼育管理について

③犬の繁殖学について

④動物愛護法について

という4つのテーマを4時限。

2009-07-27_0290

4時限の講習が終わった段階で、こちらの修了証書をいただきました。

ちなみに、この後に行った試験の結果は約1ヶ月後に送られてくるそうです。

試験自体は、5択問題が25問。

合格ラインは・・・・・わかりません。(汗)

ただ、何が出るのかを講習中にかなり話してくれるので、難易度は・・・・

落ちていたら恥ずかしいので、あんまり言えませんが、かなりの合格率の試験

なんでしょうね。

 

ちなみに、この資格を取ると「動物取扱業」の登録に必要な

「専属の動物取扱責任者」となることができるようで、受けに来ている

方たちは、ほとんどがプロや関連する仕事をする人やこれからしようとする

人たちなのでしょう。

そこに、なぜか全く関係のない素人な私が参加。(笑)

もちろん、動物取扱業者になるわけでもなく、単純に

「バートンの幸せな生活」のためだけに受けています。

内容は小出しにしていきますが(笑)、今回も本当に参加して良かった!

 

あいまいだった知識が、理論立てることができました。

ただ、逆にちょっとわかってくると、よりわからないというか、判断できない

部分が明確になってくるものです。

 

飼い主が無知なために、愛犬につらい思いをさせることは避けねばいけないと

思います。

それが犬を飼うという飼い主の責任でしょう。

みんながみんな、このような試験を受ける必要はありませんが、

最低限の知識は必要ですね。

人間はちょっとだけ努力すれば、知ることができるのだから。

犬にはそれができないのですから、飼い主がその役割を担ってあげれば

よいだけですね。

押しつけて何かをしてやるではなく、

犬には犬にしかできないことがたくさんあり、人には人にしかできないことが

あるのだから、それを補い合うというスタンスで良い気がします。

 

環境省は、動物取扱業者の説明責任を強く明確にしたようですが、売買だけで

見れば取引自体のトラブルは減ると思いますが、もっとその先のしくみ作りも

法令に盛り込んでもらいたいものです。

タグ

犬の飼い主検定 動物愛護社会化検定 基礎級試験 合格発表

先日受験した犬の飼い主検定の合格通知が来ました!

結果通知が同封されており、点数は「98点」。

いやぁ~~~~ここで受けたといった手前、落ちなくてよかった。(笑)

(ちなみに、全体の結果はこちら。)

2009062901

2009062902

合格証と「Good Dog Owner’s Card」。

使いどころはわかりませんが、なんだかうれしい。(笑)

バートンに見せたけど、もちろん噛みつこうとして終わり・・・・

あなたのおもちゃじゃありません。

どうやら、今回の基礎級の上の、「動物愛護社会化検定 専門級」

ができるようです。

要チェックっ!

次なる目標に向けてチャレンジっ!!

そうそう、このような活動を応援するためにも、フレンド会員(年会費2,000円)

に入会する予定です。

落ちていたら考えていたけど・・・・(苦笑)

 

タグ

犬の飼い主検定 動物愛護社会化検定(基礎級試験)開催

本日、犬の飼い主検定を受けてきました。

(犬の飼い主検定 動物愛護社会化検定 基礎級試験)

今回、第3回から問題の持ち帰りがOKとなったようです。

2009-05-31_0020

2009-05-31_0021

(とりあえず、問題を載せるのはやめときますが)

試験問題は、100問で4択のマークシート形式。

公式テキストからの出題がメインですね。

998001_w300

意外と数字・数値を覚えておかないといけない問題が多かった印象が。

犬を取り巻く歴史や、関連する法律、病気についてなどなど広範囲な

知識を得ることができます。

単なるしつけ本とか、犬の飼い方本などとは、ちょっと違った趣旨のものです。

そういった意味で、自分だけでなく、広く世の中全体における今後の

犬との共生についてしっかりと考える良いきっかけとなりました。

動物愛護社会化推進協会のような活動はとても大切なんですね。

 

犬好きな人が、犬嫌いの人をつくっている。

よくこの言葉を耳にします。

よく行く公園でも、リードなしでドッグラン状態で放している飼い主を見かけます。

彼らの論理は、「まわりに人がいないのを確認してやっている」

だから大丈夫だそうです。

犬が苦手な人が遠目でその光景を見たら、近寄りたくないかもしれません。

JTのCMで、タバコを排水溝に捨てるシーンで、「見ていないからやるわけで・・・」

のようなことを言っていますが、それと同じですね。

そもそも、特定の施設以外でリードを外して、犬を放すのは人が廻りにいようが

いまいが関係なくダメなわけです。

自分勝手に解釈して、その事実から目をそらしているだけです。

これは、日常よく目にする例えですが、まだまだ犬の飼い主として守らなければ

いけないことや、やるべきことがたくさんあると思います。

犬と共に住みよい豊かな世の中を造るためには、まずは飼い主たちが自分の

犬だけを視野に入れるのではなく、もっと広い目で見据えなくてはいけないのでしょう。

きっと、それが自分のわんこにも良い形で帰ってくるのだと思います。

結局、何にでも当てはまることなんでしょうけどね・・・・・

タグ