マイクロチップのタグを付けられた記事一覧

マイクロチップ登録完了

無事に韓国から帰国後、さっそくAIPOへの登録手続きを。

動物病院へ電話して聞いてみると、「では、こちらで手続きをしましょうか?」

とのこと。

いざ、行って必要書類に私の情報と印鑑を押して、完了。

手続きにかかる費用は、いりませんとのこと。

注入費用「5,000円」に含みということでOKですよ、と。

大変ありがたいことです。

ただ、それなら最初にそう言ってくれていれば、韓国出張中も気にせずに

いられたものを・・・・

 

まぁ、無事に完了したから良しとしましょう。

登録のプロセスや、その内容を知ることができたからね。

 

ちなみに、帰国後私に飛びついてはしゃいでいたバートン。

それはそれで嬉しいけど、私が不在の間、特におとなしくしていたわけでも

なかったみたい。

おそらく、数日いなかったとは認識はしていないのでしょうね。(笑)

まぁ、無事に留守を守っていた(?)ようなので、たくさん誉めてあげました!

 

ただ、雨続きで公園で遊べないのが残念ですが・・・・

お決まりの(?)韓国グルメは、明日公開予定!(笑)

タグ

マイクロチップデータの登録 AIPO

マイクロチップのデータ管理は、AIPOという組織が行っております。

(AIPOとは・・・こちら。)

昨日、データの登録について触れましたが、地域によって手順が違うようなので

直接電話をして聞いてみました。

地域的にはB方式のようで、直接納付方式のようですが、まずは獣医師から

書類をもらって下さいと。

獣医師の診断書が必要だとか。

 

今日、動物病院はお休みなので、連絡が取れなかったのでまた仕切り直しです。

何だよ。

二度手間だな。

この登録って、意外と知られていないというか、海外にペットを連れていくという

目的がないとあまりする人はいないって獣医さんは言っていたが、本当に

そうなのでしょうか?

実際にその病院(結構、地域的には有名な病院)では、注入はするけど

登録をお願いされたことがないと言います。

なので、手続きの具体的なプロセスがわからないみたいです。

 

マイクロチップを注入する人って、「迷子になっても見つかるっ!」って思いで

実施する人が多いと思いますが、登録していないと当たり前の話ですが、

見つかるわけないです。

ナンバーが記載されたシールはもらいましたが、このナンバーが公の機関で

確認できなくては意味がないですよね。

 

おぉ~~なんてこった。

マイクロチップの注入が多い地域の病院であれば、問題ないのでしょうが

それ以外の地域では要注意なんですね。

 

明日から、またまた韓国へ出張。

この件は、帰国後に詰めなくちゃいけませんな。

 

歯の治療が最終段階に来ていたのに、何故かここ2日痛みが出てきちゃった。

飛行機に乗ると気圧の関係で、余計痛むとか・・・・・

あぁ~~~だから早めに歯医者に行ったのに、タイミング悪すぎ。

病院なんてかからなくて済めばそれに越したことないですね。

 

2009-09-28_0819

明日からバートンの相手をしてあげられないので、夕方時間を作って水元公園の

ドッグランへ連れて行ってあげました。

平日の昼間なのでさすがに空いていますね~。

とは言え7~8頭くらいはいて、大きな犬たちと戯れて、ストレス発散できた

ことでしょう。

吠えることができないので、番犬にはなりませんが、留守は頼んだぞって

言い聞かせたら、心なしか自信に満ちた目が男らしかったバートンでした。(笑)

タグ

マイクロチップ注入 今後の登録方法

本日、バートンにマイクロチップを注入してもらってきました。

費用は5,000円ちょうど。

普段通っている病院は、マイクロチップを扱っていないので、以前通っていた

別の病院でお願いしました。

病院を使い分けるって、どうなのかなぁ~って悩みましたが、内容によって

使い分けるということで今後の方針を決めました。

普段通っている病院は、ダックスに多いヘルニアの病気に強いというメリット

がありますが、マイクロチップは扱っておらず、日曜日は休診日。

今回、マイクロチップをお願いした病院は、特に強い専門分野はありませんが

日曜日もやっている病院。

 

人間も病気によっては、通う病院は違うのと一緒で、犬もケースバイケースで

使い分けるのもアリかと思って。

 

無事にマイクロチップは注入してもらいました。

ただ、それだけで終わりじゃないんですね。

登録が必要なわけです。

ただ、マイクロチップを入れても登録をしていない人が多いそうです。

病院側でも登録ができるが、今まで登録を頼まれたことはないそうです。

詳しい書式や手続きもよくわからないらしい。

 

ということで、調べていたらこちらに書いてありました。

なんとなくイメージはわかりましたが、具体的な手続き方法がよくわからん。

 

明日にでも電話して聞いてみるかな。

病院で注入してもらったら、ついでに登録もしてもらえるというものではない

んですね~。

タグ

迷子札爆裂! 危うく犬の誤飲に

あまりにも香ばしい、ナイススメルになったバートン。

家でのシャンプーよりも、セルフウォッシュが楽すぎるため、どぉーーーしても

ビバホームのセルフウォッシュ(過去の記事はこちら)がいいっ!って奥さんの

要望もあり、電話予約してビバホームへ。

2009-09-21_0758

トリミング台に乗っているとおとなしいバートン。

2009-09-21_0761

ただ、小刻みに体が震えているので、怖いみたいですね。

 

シャンプー後、とくに体がかゆそうなそぶりは見せていないので、先日のトリマー

さんにお願いしたときのかゆみは、ストレスから来たものだったのでしょうか・・・・

いまだに原因は不明です・・・・

 

まぁ、シャンプーは問題なく終わったのですが、移動中の車でトラブル発生!

後部座席のドライブボックスから、「くちゃくちゃ」って、必死に何かを食べている

音が・・・・・

見てみると・・・・

2009-09-21_0786

首輪に取り付けていた、アクリル製の迷子札が粉々に。

そして、それをバートンが口で遊んでいた模様。

買った当時の迷子札はこちら

購入してから3カ月。

こんなにも早く壊れちゃうものなのでしょうかね?

 

とりあえず、飲み込んでないか、あわてて路肩に停めて確かめましたよ。

 

やっぱり、見た目のかわいさとかじゃなく、耐久性が優先されるべきなんだと

つくづく思いました。

 

位置からして、バートンがかんだとは思えないし、鑑札とかと接触してひびが

入ったくらいしか原因は思い当たりません。

とりあえず・・・・飲み込まなくて良かったーーー。

いや、本当あせりましたよ。

その勢いで、車も事故らなくて良かったーーー。(笑)

 

来週あたりに、マイクロチップの装着を予定していますが、迷子札もあった方が

良いでしょうから、今度は頑丈なものを選ぶつもりです。

タグ

マイクロチップ装着&メンテナンス

先日から検討していたマイクロチップ装着。

もう、装着することに意思は決定しているのですが、問題が・・・・・

 

かかりつけの病院では、マイクロチップの装着はやっていないそうなんです。

装着ができないということは、読み取るマイクロチップリーダーもないのでしょうね。

 

ただ、この病院ではマイクロチップを着けること自体は、良いことだと

おっしゃっていました。

そして、他の病院からこちらの病院に変えた一番の理由は、「ヘルニア」

に関して有名な医師が院長であるということ。

なので、マイクロチップを他の病院で装着をお願いして、その他のことは

今まで通りこの病院に通いたいのですが・・・・・

 

マイクロチップを装着するなら、体温も計れるタイプのものにしたいと考えている

のですが、病院にリーダーがなければ、体温を計るどころか正常かどうかの

確認もできません。

メンテナンスができないんじゃ、困りますね。

 

リーダーで確認するためだけに、他の病院に行くのも変なものだし。

 

そこで、リーダーを買っちゃって、家でも毎日検温すればいいじゃんっ!

って考えたけど、ネットで検索してもすんげぇー高いリーダーしか出てこないし。

リーダーのレンタルってのもあったけど、一般家庭で借りている人なんているのか?

いやぁ~参ったな。

タグ